テレビでアプリを公開!

By | 2008/09/17

ソニーが、BRAVIA上で動くアプリを開発できるアプリキャストの開発ツールを公開したニュースをCNetで発見しました。

これは面白い!!地デジになっても、データ放送(通信?)部分が既存の放送局からだけではなく、誰でもからも配信可能になったイメージですね。ニコニコ動画的なリアルタイムチャットができたり、データ通信専門のチャネルのようなコミュニティができて、テレビの放送に連動した様々な情報を互いに流しあったりといったことが可能になるのでしょうか。さらに、テレビ番組連動型のオンラインショッピングやアフィリエイトサービスを誰でもオープンすることができますね。

※ドキュメントをまだ見ていませんので、あくまでも希望的観測です・・・

これまで言われてきた「放送と通信の融合」は、電波とハードであるテレビがクローズであった以上、参加可能な人が限られていたし、進んでいない感もありました。そして、本当にユーザが求めているようなサービスがなかったように思えます。そういう意味でも、テレビを開発者に開放したソニーの今回の発表は大変興味深く、今後注目していきたいですね。そして、各社各様の開発ツールや仕様ができてくるよりは、業界標準が欲しいですね。対応テレビが増えれば、アプリの開発者のやる気も全然違ってきます。

2009年1月9日まで「テレビウィジェットコンテスト」を実施されるということですから、どんな作品がでてくるか楽しみです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *