シリコンバレー in Tokyo

By | 2008/11/05

The New Context Conference のほうは、伊藤穣一氏がモデレータを担当し、

Ellen Levy氏(LinkedIn)

國領二郎氏(慶應義塾大学総合政策学部教授)

Julie Hanna Farris氏(Board of Social Text)

と私

というメンバーで「シリコンバレー in Tokyo」というタイトルのもと、日本における個人と企業のオープン化の話を、國領先生が行った調査とパネラー達のLinkedinの実体験などを中心に展開していきました。

話されたトピックとしては:

(この中でのオープンネットワークは、参加者が自分の実名やキャリアを公開するLinkedinのようなソーシャルネットワークを指しています)

・日本においてどういった層が特にオープンネットワークの必要性を感じているのか?

・オープンネットワーク内の人と人との繋がりは、実際ビジネスにどのように役立つのか?

・オープンネットワークに入るためのメリット・デメリットは?

・オープンネットワークのメリットをどのように人に伝えるか?

・一旦入った後、ネットワークをどのように管理するのか?

・人によって必要とするネットワークの規模は違わないか?

・オープンネットワークのビジネスモデルは?

内容については、思い出し次第後日いろいろとフォローしていきたいと思います。

あとは、自己紹介のタイミングで、okyuu.comの紹介もさせてもらいました。okyuu.comは、日本の優秀なエンジニア達の実力をもっとオープンにしていくためのサイトなんだ!!と。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *