日本のIT業界の構造とokyuu.comの果たすべき役割

By | 2009/02/02

先ほどokyuu.comで、

日本のIT業界はなぜ重層的な階層構造をとっているのか – Casual Thoughtsというエントリを見つけた。

外資系のソフトウェアベンダーの立場の筆者が、日本のIT業界が持つ重層構造を論理的に説明している大変面白い記事でした。

業界において流動化を難しくしている労働環境の構造的課題、長年の取引を大事にする日本の企業風土、グロス・ネットの売上形状に基づく問題に至る幅広い視点で問題を分析していて最近読んだ日本のIT業界に対する記事としては最も包括的なもので共感できる点が多い。筆者のさらなる分析を期待したいですね。

さて、そんな日本のIT業界においてokyuu.comが果たしてもらいたいと思っている役割について改めて、考えて見ました:

1 すぐれた才能を顕在化させ、エンジニアの活躍の場を広げる。

2 ITエンジニアの自由なノウハウ・意見交換により本当にいいサービス、技術が世の中に広がるのを助ける。

1は、人材の流動化に対する僕たちの答えです。みんなの役に立つノウハウや質問への回答をすることによって、そのエンジニアのネットにおけるプレゼンスはどんどん上がっていくはずです。そして、そのプレゼンスを将来的には人材の流動化といったリアルな世界へつなげて行きたいと思っています!

2は、ユーザ企業が、代理店、SIerの意見だけに頼るのではなく、本当にいい技術・サービスを探すための手助けをしていきたいというものです。当社でも、IT製品やサービスを購入するときに、客観的且つ頼りにする情報がなくて本当に困ります。IT製品版価格.comみたいなサイトあって、値段や他のユーザの評価やクチコミが見れたらどんなに便利になるだとうと思ってokyuu.comを始めました。

でもまずは、okyuu.comをもっともっと大きくしないといけないですね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *