Twitterのさらなる世界展開

By | 2009/10/15

Twitterがボランティアによる各言語への翻訳を始めるようです。

Coming Soon: Twitter in More Languages

現在は、英語と日本語でしかサービスしていないようですが、まずはフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語へ対応するということです。

同様の試みはFacebookでも2007年末から行われ、現在では70言語でFacebookを使えるようになっているそうです。Facebookの場合は、1万以上のフレーズを翻訳する必要があったようですが、Twitterはよりシンプルなインタフェースですので、多言語への翻訳のスピードは早いでしょうね。

既に各国で膨大な数のユーザを抱えているということと、英語というメジャーな第二外国語でサイトの運営をしているというところが、FacebookやTwitterが世界規模にスケール可能なプラットホームであるポイントなのかもしれません。ユーザ同士のコミュニケーション要素の強いSNSのようなサービスは、なかなか海を越えて広がらないと言われてきましたが、よりグローバル化していく世界では、先進的なバイリンガル・ユーザがサービスの広がりをリードしていくという構図が加速していくかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *